立ち読み本屋

日常の疑問を調べて解説するブログ

面接官に採用される心理学

f:id:dokusyono:20191205191245j:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 どうしたら採用される?

 

 今の時期は、就職活動に勤しんでいる人や大学の面接に向けて色々と練習をしている学生さんがいると思います。 

 世の中、様々なアドバイスに溢れていますが、果たして本当にそれらは面接の際に有利に働くのでしょうか? 

 今回は、どうしたら面接で他者よりも採用されやすくなるのかについて紹介していきます。

 

面接は好感だけ

f:id:dokusyono:20190928210430j:plain

 

 大抵、企業の人間は仕事の適性や経験と言った部分が重要であるという風に考えたりします。もちろん、それらは会社で円滑に作業進める上で大切なことであるのは確かです。 

 しかし、実際に面接で必要になるのはそれらとは全く違いました。 

 ワシントン大学のチャド・ヒギンズとフロリダ大学のティモシー・ジャッジは2004年の研究で新卒採用試験に臨む直前の大学生100人を対象にして調査を行いました。(1)

 

 学生たちの履歴書に目を通し、適正と経験について調べ、採用試験で面接を終えた学生たちに面接での応対についてアンケートに答えてもらいました、

 さらに面接官とも連絡を取り、面接態度や会社への適性、採用結果などを尋ねました。 

 

その結果、採用されやすい人の特徴は、好感度でした。

 よい印象をあたえた応募者は合格の割合が高かった。彼らはいくつかの方法で引き付けて売り込みに成功していたのです。

 自分と面接官に間に類似性が感じるような話題、例えば同じ野球部だったとか、釣りが好きだとか、そういった話をうまく繰り出せる人は相手に好感を持ってもらいやすく、なおかつ採用されやすいのです。

 

スポンサーリンク

 

弱みは最初に言う

f:id:dokusyono:20200321135622j:plain

 

 面接に臨む人の中には、どうしてもあまり人に言いたくないような欠点を持っている人も居るかもしれません。

 その場合、どうやってうまく伝えたらよい印象を持たれるでしょうか?

 1970年代にデューク大学の心理学者エドワード・ジョーンズとエリック・ゴードンが実験を行いました。(2)

 

 参加者に一人の男性が自分の人生について語るテープを聞かせたあと、好感を持った度合いについて尋ねました。

 テープの男性は、学生時代にカンニングをして退学になった話をして、最初にその話をが出てくるバージョンと後にその話が出てくるバージョンを作り、別々のグループに聞かせました。

 

 すると、カンニングの話が最初に語られる方が、最後の方で語られるよりも男性に対する印象は良くなった。

 むしろ、自分のプラスになるような話は、後半にした方がよい印象が相手に与えられます。実際、似たような研究でもプラスの話を前半に語るより、後半に語る方が印象が良くなっていました。

  

スポンサーリンク

 

ミスを気にするな

f:id:dokusyono:20200319191613j:plain

 

 万全の準備をしても、面接という場面では緊張で思わぬミスをしてしまうこともあるでしょう。 

 そういう時には、余計に焦らないという事が重要になります。

 2000年にコーネル大学のトマス・ギロヴィチたちは、実験を行いました。(3)

 

 研究室に5人の参加者を同時刻に集まってもらい、同じ部屋でテーブルに並んで座り質問票に答えるように頼まれました。

 ところが、科学者が手配した一人の参加者が後から5分だけ遅れてやってきました。部屋に入る前に罰としてバリー・マニロウの写真入り(当時、死んでも着たくないと考えられていた)Tシャツを着てもらい部屋に通されました。

 作業をしている学生たちに晒された後、しばらくして遅刻者は外で待つように言われ、部屋から出されました。

 

 そのあと、Tシャツを着た遅刻者と部屋で作業をしていた5人を調査しました。すると遅刻者は50%くらいの人が自分のTシャツを見ていたと答えたが、実際には部屋に居た人の20%がTシャツ存在に気付くに止まりました。 

 つまり思うほど周りは、自分のことを気にしていないということが分かったのです。人が周りの視線を意識しすぎてしまうのは「スポットライト効果」とよばれ、様々な場面で登場します。

 面接で重要なのは、ミスに対して過剰に反応したり謝ったりして、余計な注目を集めてしまうことです。そうならないためにも、何事も無かったかのように先に進めるようになることが重要です。

 

難しい言葉は使うな 

f:id:dokusyono:20200319102314j:plain

 

 報告書や手紙の中で、自分の知性や博識を印象づけようとして、小難しい言葉を使いたくなることがあると思います。 

 ダニエル・オッペンハイマーは、研究により難解な言葉は悪い印象を抱かせる可能性を示唆しました。 (4)

 5回にわたる研究で、様々な文章で使われた難しい言葉を系統的に調べ、一般人にそうした難解なことばを使った文書を読んでもらうと、分かりやすい言葉を使う人ほど知性が高いと評価されました。

 逆に、無駄に難しい言葉を使う文章は読みにくく、書き手に対する印象も良くありませんでした。

 もちろん、この実験では文章でしたが、それを声に出して言った場合にも、さほど変わらないと思います

 言っている事は凄いけれど、結局何が言いたいの?となるような事態はなるべく避けられるようにすると、面接では相手にこちらの意図を理解してもらいやすくなるでしょう。

 

終わりに

 

 面接に関して、皆さん色々な工夫や対策をする人が多いと思います。今回、紹介した内容がお役に立てれば幸いです。

  


学問・科学ランキング

 

にほんブログ村 科学ブログ 科学ライフへ
にほんブログ村

 

併せて読みたい記事はこちら

www.ryousyototatiyomi.com

www.ryousyototatiyomi.com

 

参考文献

 

・(1) C. A. Higgins and T. A. Judge (2004). 'The Effect of Applicant Influence Tactics on Recruiter Perceptions of Fit and Hiring Recommendations: A Field Study' . Journal of Applied Psychology, 89, pages 622-32.

・(2) E. Jones and E. Gordon (1972). 'Timing of Self-Disclosure and its Effects on Personal Attraction' . Journal of Personality and Social Psychology, 24, pages 358-65.

・(3) T. Gilovich, V. H. Medvec and K. Savitsky (2000). 'The Spotlight Effect in Social Judgment: An Egocentric Bias in Estimates of the Salience of One's Own Actions and Appearance' . Journal of Personality and Social Psychology, 78, pages 211-22.

・(4) D.M. Oppenheimer (2005). 'Consequences of Erudite Vernacular Utilized Irrespective of Necessity: Problems With Using Long Words Needlessly' . Journal of Applied Cognitive Psychology, 20, pages 139-56.