身近な日常を心理学する

日常の疑問を調べて心理学的に解説するブログ

なぜ上司は上から目線になるのか?科学的にみた権力の影響を解説

f:id:dokusyono:20190928210850j:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 

金持ちは性格が悪いのか?

 

 アニメや漫画、小説などでは、金持ちが弱い立場の人から平気で搾取する利己的な人間という風に描かれることが多いですね。

 しかし、純粋な疑問を持つとすれば果たしてそのようなイメージを正しいのでしょうか?

 今回は、そんな権力やお金を持つ人が本当に信頼の欠ける人間かどうかを見て行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

社会階級が高い人への信頼は薄い

f:id:dokusyono:20200107194143j:plain

 

 まず、社会階級が高い人は本当に信頼できないのかを、カリフォルニア大学バークレー校の、ポール・ピフ達が調べました。

 研究チームは、最初に、「交渉術の調査」という名目で社会階級の高い人と低い人を集めて雇用者役で実験を行いました。(1)

仕事に関する様々な情報を教えた上で、その仕事は6ヶ月程度で終了するという事実も知らせました。さらに、これから面接する求職者は、2年以上の雇用期間で無ければ働くつもりが無い事を情報も知らされました。

そして情報を元に、仕事内容の説明する台本を書くように求められました。

  すると、社会階級の高い人ほど仕事の期間が短いことを隠したり、仮に雇用期間について尋ねられた場合、嘘をつくと答えた人が多かったのです。

 さらに、社会階級の高い人は意図的に不誠実な振る舞いする可能性が示唆されました。

 さらに、自分があまり信頼できない人間であることを自覚している上に、それが悪いと思っていないようです。

 この様な態度や考え方は、他者からの協力を必要としていなからなのかもしれません。

 通常、私達は自分にないスキルや知識を他者から得る為に協力関係を築きます。しかし、資源や資産が潤沢な人にとって他者を頼るという行為は、何らメリットにはならないのです。

 

スポンサーリンク

 

不誠実になるのは金持ちだけではない

f:id:dokusyono:20190928211122j:plain

 

社会階級についての研究を見ていると、ある疑問が生まれてきます。

 つまり、もともと不誠実で信頼性の低い人間が高い地位に就くのか?

 それとも、高い地位に就いたことで不誠実で信頼性の低い人間に成り下がるのか?

 この疑問に答えるような研究を行ったのが、コロンビア大学ビジネススクールのアダム・ガリンスキーです。(2)

 

 ガリンスキーは実験参加者達に、シミュレーションで様々な問題を解決するにあたり、ボスを一人選んで仕事を他の参加者達に割り当てさせました。

 シミュレーション実験終了後、「もし本当に必要ならば、捨てられていた盗難自転車を自分の物にしていもよいか?」「もし遅刻しそうなら、交通規則を破ることは許されるか?」という質問を行いました

  すると、一時的に権力のある地位(ボス)に置かれた人は、他人が規則を破った場合よりも自分が規則を破った場合の方が許容できると答える人が多かったのです。

 つまり、最初から高い地位に就いたワケではなく、後から権力を手に入れた場合にも不誠実で信頼性が低い人間になってしまう可能性があることを示唆しています。

 さらにハーバード・ビジネススクールのフランチェスカ・ジーノは、お金が身近にあるだけでも人を騙したり信頼度が低下するのではないかと考えました。(3)

 

 部屋に実験者を集めて与えられた課題をクリアすると、一問につき3ドルで最大24ドルの報酬が貰える実験を行いました。

 スタッフは実験者を部屋に残して20分間退出します。そして、戻ってきたら自己採点させて、正解した数だけお金を持って帰ってよいと指示を出します。

 これは、自己採点なので誤魔化しをしようと思えばいくらでも出来ました。

 そしてもう一つ、部屋に入る際、テーブルの上に置かれているお札の額に違いを加えていたのです。

 ある時には、報酬の24ドルを抜いても700ドル近いお金がテーブルにあり、別の時にはでは7000ドルという大金が置かれていました。

  そして、お金の量が多い時ほど誤魔化しの量も比例して増えていました。そして、三種類の実験を行ったところ概ね、お金が多いほど自分の正答率を誤魔化す人は多くなると言う傾向が見つかったのです。

 また、お金の事を考えただけでも、他人と協力するのを拒んだり、人を助ける確率が下がると言う研究もありました。

 

終わりに

このような研究を見ると、昔ながらの金持ちに対する悪いイメージは、必ずしも彼らの生まれついた性格から出たモノ、というだけではない事が分かります。

 我々一般人でも、高い地位や大金持ちになったとたんに、性格が悪くなるの可能性も考慮しないと行けない訳ですね。

 


学問・科学ランキング

 

にほんブログ村 科学ブログ 科学ライフへ
にほんブログ村

 

併せて読まれている記事はこちら 

www.ryousyototatiyomi.com

www.ryousyototatiyomi.com

 

参考文献

信頼はなぜ裏切られるのか―無意識の科学が明かす真実 

・(1)Piff, P. K., Stancato, D. M, Côté, S., Mendoza-Denton, R., and Keltner, D. (2012.) "Higher social class predicts increased unethical behavior." Proceedings of National Academy of Sciences 109: 4086-4091.
・(2)Lammers, J., Stapel, D. A., and Galinsky, A. D. (2010.) “Power increases hypocrisy, moralizing in reasoning, immorality in behavior." Psychological Science 21: 737–744.
・(3)Gino, F., and Pierce, L. (2009.) "The abundance effect: Unethical behavior in the presence of wealth." Organizational Behavior and Human Decision Processes 109: 142-155.