立ち読み本屋

毎週火曜日と木曜日に書評や雑記の記事を投稿するブログ

科学的に、「プラス思考」で見る自己啓発の嘘!?

f:id:dokusyono:20190928211253j:plain

 

 必要なのは、ペンと紙と数分の時間だけだ

byリチャード・ワイズマン


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

プラス思考は幸せをもたらすのか?

f:id:dokusyono:20190928210605j:plain
 

 問題なのは、自己啓発の本やセミナーで与えられる助言が、科学的な研究結果と一致しない点だ。

 たとえば、プラス思考の威力。しあわせへの道は、マイナス思考を頭から閉め出せさえすれば、本当に開けるだろうか。

 研究報告によると、そのように思考をつけた場合、実際はふさぎ虫が減るどころか増えてしまう可能性が高い。

 1980年代の半ばに、ハーバード大学の心理学者ダニエル・ウェグナーはドストエフスキーの著作「冬に記す夏の印象」の中に、少々風変わりながら興味をそそるつぎのような文章を見つけた。

 「ためしに自分に向かってこう命令してみたまえ。北極熊の事を考えてはいけない。するとその呪われた熊が、いつも君の頭から離れなくなってしまう」

 この効果を実生活に与える影響を調べたのが、ニューヨーク州ハミルトン大学のジェニファー・ボートンとエリザベス・ケイシーだった。

 2006年に二人が行った実験は、思考の抑制が人の気分と自信にどの程度影響を与えるかを、鮮やかに示して見せた

 

実験1

 

 ボートンとケイシーは、参加者全員に自分自身の最大の欠点を書き出してもらった。そして半数の人たちには続く11日間はその事を考えないように伝え、残りの半数には普通に暮らしてもらった。

 そして全員に、1日ごとに自分の欠点についてどのくらい考えたかを書き出してもらい、毎日の自分の気分、不安レベル、自信度を評価するように頼んだ。

 

結果

 

 結果はドストエフスキーの「北極熊」内容と一致した。自分の欠点について考えまいとしたグループは、実際には普段以上に欠点について考えていた。

 そして思考を抑制したグループは、普通に毎日を過ごしたグループにくらべ、自分自身について不安であり、憂鬱で、自身がないと答えた。

 すでに20年以上にわたる研究で、この矛盾した現象が私達の日常の様々な面で起きる事が分かっている。

 というわけで、マイナス思考を押さえつける事が解決にならないとしたら、どうすればいいだろうか。

 一つの可能性は、気を紛らわすこと。家族と過ごす、パーティーにでかける、仕事に熱中する、新しい趣味を見つける、などだ。

 ただしこの方法は人を短期的には幸福にさせるが、長期的な幸福感に繋がりにくい。

 それを補うために、研究者たちは効果の高い日記をつけること、小さな親切を実行すること、感謝の気持ちをもつことを提案している。

 

悩みを他人に相談しても気持ちは晴れない

f:id:dokusyono:20190928210139j:plain

 

 人は誰でも、着ているあいだに辛い出来事を経験する。長く続いていた関係が壊れる、愛する人が死ぬ、会社をクビになる。悪くすると、一日の内にその3つが重なったりしかねない。

 いわゆる常識も、様々な心理セラピーも、不幸を乗り越える最良の方法は辛さを人を分け合う事だと教えている。

 自分の感情を吐き出せば気持ちが浄化され、マイナスの感情を追い出して前に進むことができると信じている。

 1999年の調査によると、実際に90%以上の人が、不幸な体験を他の人に話せば気持ちが楽になると考えている。だがそれは本当なのだろうか?

 

スポンサーリンク

 

 

嫌な事を話しても、幸福の度合いに変化はない

 

 この問題について、ベルギーのルーヴァン大学の心理学者エマニュエル・ゼックスとベルナール・リメが、2005年に重要な実験を行った。

 2人は参加者たちに自分が体験した嫌な体験の中から、電車に乗り遅れた、駐車スペースが見つからなかったなどの些細な事は除いて、「最も精神的に苦痛だったこと、いまも忘れることができず、人に話す必要を感じる出来事」を選び出してもらった。

 そして参加者を半分グループに分けて、半数の参加者には、その辛い出来事について話してもらい、もう半数の参加者には、ごく普通の典型的な一日について話すように頼んだ。

 1週間後と2ヶ月後に、全員が研究室にもどり、自分が感じている幸福感についてアンケートに答えた。

 自分のトラウマについて話した人は、話をしたことが役に立ったと感じていた。だが、アンケートの結果は別の事実を物語っていた。

 実のところ、話したことで何かが変わる形跡はなっかた。参加者は自分の嫌な体験を誰かと分け合うと気持ちが軽くなると考えていたが、実際の幸福感の度合いは、平凡な一日について話した人達と大差が無かった。

 

打ち明け日記を書こう

 

  既に紹介した通りに、マイナス思考を押さえつけるのは良くない。かわりに、「

 日記」を書く、という方法がある。

 トラウマ体験をした被験者に、毎日数分で自分の内部にある考えや気持ちを書いてもうら実験をいくつか行った。

 例えば、ある実験では解雇されたばかりの人に、失業が個人としての自分と職業人としての自分にどう影響したか、本音を書くように頼んだ。

 すると、短時間で簡単に書き出すことで、被験者は心理面でも肉体面でも大いに元気づけれられた。健康が回復し、自身や幸福感が増した。

 これらの結果は、心理学者に謎を残した。トラウマ体験を人に話しても殆ど効果がなかったのに、それを書き出すとなぜこれほど効果が上がるのだろうか。

 心理学から言うと、話すことと書くことは大いに違う。話をすると、とりとめのなくなり、あちこちに飛んだり混乱したりする場合が多い。

 かたや文章には筋道や構成があり、出来事に意味をもたせ、解決に向かわせる力がある。

 一言で言えば、話すことは更に混乱を深める可能性があるのに対し、書くことは統計立った問題への解決に繋がる

 

三種類の文章の書き方

 

幸福感を表す

 

 幸福感を高めるための文章で大事なポイントの一つは、感謝を表すことだ。人はある音や風景や匂いを体験し続けると、しだいにそれに慣れて、やがて意識をしなくなる。

 心理学者のローバーエモンズとマイケル・マカラックは、人が自分の日常に存在する良いモノを、改めて意識した時の効果を調べた。

 

実験2

 

 2人は参加者を3つのグループに分け、週一回つぎのような項目で短く書き出してもらった。第一グループには、自分が感謝する事を5つ。第二グループには、自分にとって嫌なことを5つ。第三グループには、その週で起きた出来事を5つ。

 「感謝」グループは、夏の夕日を見たことをから友達の親切までを走り書きした。「嫌な事」グループは、税金の事から子供同士の喧嘩までを書き出した。「できごと」グループは、朝食の用事から車での出勤についてまで、細かく買いだした。

 

結果

 

 結果は驚くべきもだった。「嫌なこと」と「できごと」グループの人たちにくらべて、「感謝」の人たちの方が幸福感が強く、将来に対して楽観的で健康状態も良かった。

 

理想的な未来を書き出す

 

 幸せを目指して文章を書く場合、感謝の気持ち以外にも書くことは数多くある。バラ色の未来を思い描いても、「目標」が達成できるわではないという研究結果がある。

 しかし、別の研究では、「笑顔」になるためにはそうした夢が有効なようだ。

 サザン・メソジス大学のローラ・キングスは、2001年に有名な研究を行った。四日間にわたり、キングは参加者の第一グループには、自分の理想的な未来を書き出すように依頼した。

 第二グループには、自分が悪夢のような体験をしたと想像して書いてもらい、第三グループには単に翌日の計画を書き出すように頼んだ。

 結果を見ると自分の理想的未来を書いた人は、ほかの二つのグループよりはるかに幸福度が高かった。

 さらに、追跡調査で再度調査を行い、今回は参加者に自分がこれまでに体験した最高の瞬間と、最悪の瞬間を思い出して書いてもらった。

 それから三ヶ月後に調べたところ、幸せな瞬間を追体験した人たちのほうが、大きな幸福感を感じていた。

 

愛を込めてかく

 

 最後にもう一つ、「愛情のこもった文章」の効果を調べる研究がある。愛のある人間関係が、その人の心身にいい効果をもたらすのは驚くにはあたらない。

 だが、それは愛を受けるから、愛をあらわすからか、それともその両方なのか。それを知るために、アリゾナ州立大学のコーリー・フロイドが仲間と共に共同研究を行った。

 参加者に自分が愛して言う相手について考えてもらい、20分の間なぜその相手が自分にとって大切なのかを書いてもらった。

 比較対象の為に、もう一つのグループに前の週に起きた出来事を書き出してもらった。どちらのグループも、五週間のあいだに同じことを三回おこなった。

 実験でも、こうした簡単な方法が目覚ましい効果をあげて、愛情をあらわす分を書いた人は幸福感がに増加し、ストレスが減り、コレステロール値もかなり下がった

 というわけで、手っ取り早く日々の幸せを自分の者したければ、ある種の文章を書き出すと驚くほど効果があるようだ。そしてその効果は科学的に証明されている

 

終わりに

 「気合だ!」で人は気合を入れたり思考を変えたりできません。皆さんも自己啓発の本を読むなら注意して見ることをお勧めします。

 因みに2009年のウォータールー大学の研究では、自己啓発やスピリチュアルを素直に信じる人は、平均して知能が低いと言う研究結果もあります。

 

 この他にも様々な社会常識の嘘に関する情報があります。続きを知りたい方は、下記のAmazonリンクから「その科学が成功を決める」をクリックして購入して見てください。それでは!!

 

 この文は「その科学が成功を決める」から、大部分を引用と参考にして制作されています。

 

  

 

 

↓今後も皆さんの為になる本を紹介していくので、是非読者になって頂けると嬉しいです!

 

↓ランキングに参加しています。クリックして頂けると、さらに多くの方に見ていただける機会が増えます!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

 

併せて読みたい記事はこちら!

www.ryousyototatiyomi.com

 

www.ryousyototatiyomi.com

 

スキマ新バナー

 

 

 ↓使用画像製作者

unsplash-logo Matthew Henry

unsplash-logo Form

unsplash-logo Christin Hume

 

いつも、はてなスターを押して下さり本当にありがとうございます。 お陰様でモチベーションを維持することが出来ています。これからも皆様の為になる本の紹介していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。