身近な日常を心理学する

日常の疑問を調べて心理学的に解説するブログ

書評

「感想/書評」【スイッチ! ──「変われない」を変える方法】

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? ブライト・スポットを見つける 変化を細かくする 環境を変える 本書を読んだ感想 終わりに こんな記事も読まれています スポンサーリンク // 著者・書籍情報 著者:チップ・ハース スタンフォード大学ビジネススクール…

「感想/書評」【ハーバードの人生を変える授業】

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 感謝する 失敗から学ぶ 安全圏からでる 本書を読んだ感想 終わりに こんな記事も読まれています スポンサーリンク // 著者・書籍情報 著者:タル・ベン・シャハー ハーバード大学で哲学と心理学を学び、組織行動論で博…

「感想/書評」【YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち】

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? ヘイトサイトは長続きしない メンタルを鍛えなければ続かない 投稿を止めれば終わり 本書を読んだ感想 終わりに こんな記事も読まれています スポンサーリンク // 著者・書籍情報 著者:ロバ―ト・キンセル YouTube 副社…

「感想/書評」【Think right 誤った先入観を捨て、よりよい選択をするための思考法】

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 成功者以外は登場しない 正しそうな話に惑わされる 失敗は他人のなのか? ゼロリスクでしか挑戦しないワケ 本書を読んだ感想 終わりに 併せて読まれている記事はこちら スポンサーリンク // 著者・書籍情報 著者:ロル…

「感想/書評」【PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話】倒産寸前のピクサーとスティーブ・ジョブズを救ったのは誰だ?

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 作品の主人公は元弁護士 陰りがある頃のスティーブ・ジョブズ 本を読んだ感想 終わりに 併せて読みたい記事はこちら 著者・書籍情報 著者:ローレンス・レビー ロンドン生まれ。インディアナ大学卒、ハーバード・ロール…

「感想/書評」【Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法】我々の犯す間違いはここにある

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 自分のアイディアに夢中になる理由 労力をかけると大事に思える なぜ他の人も同じ考えだと思うのか 稼いだ金と拾った金で扱いが変わる 自分自身の感情に操られているわけ 何もところに法則を見つける理由 本を読んだ感…

「感想/書評」【ロスの精神科医が教える 科学的に正しい 疲労回復 最強の教科書】日々の悩みを解決したい時に使うべき

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 脳を空白にする 「まいっか」を口癖に 仕事と自分を切り離す 一日のスケジュールの2割は空白にする 通りすがりの人の幸福を望む 本を読んだ感想 併せて読みたい記事はこちら!! 終わりに スポンサーリンク // 著者・書…

「感想/書評」【最高の休憩】瞑想しない理由がない

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 瞑想で疲れない脳を作る 瞑想は習慣が第一 扁桃体を抑えてはいけない 怒りと疲れの関連 本を読んだ感想 終わりに こんな記事も読まれています スポンサーリンク // 著者・書籍情報 著者:久賀谷 亮 イェール大学医学部…

「感想/書評」【スタンフォードのストレスを力に変える教科書】ストレスと言う味方

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? ストレスは害があると言う誤解 ストレスは何種類もない? ストレスで他者に優しくなる チャレンジ反応はパフォーマンス上げる 「思いやり・絆反応」が社会的繋がりを強くする 本を読んだ感想 併せて読みたい記事はこち…

「感想/書評」【Think clearly】科学・哲学から見る人生を送る為の思考法

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 計画は適宜修正するべきだ 死よりも・生きている間に何をするか 性急に意見を述べるべきでない 心の引き算 本を読んだ感想 終わりに こんな記事も読まれています スポンサーリンク // 著者・書籍情報 著者:ロルフ・ド…

「感想/書評」【残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する】やり抜く力だけが成功に繋がるのか?

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 諦めない者だけが最後に勝つのか? だが、グリッドによって失敗する人々もいる 自信過剰って意味がある? 自信がないメリット やっぱりセルフコンパッションが大事 本を読んだ感想 併せて読みたい記事はこちら!! 終わ…

「感想/書評」【事実はなぜ人の意見を変えられないのか】説得するほど頑なになる

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 賛成意見しか興味が無い 意見を変えさせるには? 影響力について 本を読んだ感想 終わりに こんな記事も読まれています スポンサーリンク // 著者・書籍情報 著者:ターリ・シャーロット ユニバーシティ・カレッジ・ロ…

「感想/書評」【自身がない人は一流になれる】高い自信は役に立つか?

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 自信があると言うこと 自信の種類 不安は生きる為に必要である 自信が必要な時 本を読んだ感想 終わりに スポンサーリンク // 著者・書籍情報 著者:トマス・チャモロ―ブリミュージク ロンドン大学教授、コロンビア大学…

「感想/書評」【Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である】無礼は損しかない

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 無礼な人が得することはない 無礼で起こるデメリット 礼節正しさのメリット 相手の感情を見極める方法 本を読んだ感想 終わりに こんな記事も読まれています スポンサーリンク // 著者・書籍情報 著者:クリスティーン…

「感想/書評」【ルシファーエフェクト ふつうの人が悪魔に変わるとき】彼らは、なぜ余りにも普通なのか

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 性格は状況で変わる スタンフォード大学で行われた伝説の実験 「普通の人」から「虐殺者」になる 自己奉仕バイアスに取りつかれている 見てみぬふりをする集団 本を読んだ感想 終わりに こんな記事も読まれています ス…

「感想/書評」【幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII】他者と生きる為に必要なこと

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 尊敬が無いのになぜ従うと思う 交友関係は対等でなければならない 人と話せば結局は同じ内容になる 本を読んだ感想 終わりに 著者・書籍情報 著者:岸見一郎(きしみ・いちろう) 哲学者。1956年京都生まれ、京都在住。…

「感想/書評」【ニコニコ哲学 川上量生の胸のうち】なぜニコニコなのか

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 与えられたものは何か? ニコニコは許される ニコニコは自由である 人気になるとつまらない 本を読んだ感想 終わりに 著者・書籍情報 著者:川上量生(かわかみ・のぶお) 1968年生まれ。京都大学工学部卒業後、コンピ…

「感想/書評」【嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 】アドラーは何を教えたのか

著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 変わらいないのは自分の決定による 人は私の為に生きていない 何が与えられたかではない 本を読んだ感想 終わりに 著者・書籍情報 著者:岸見一郎(きしみ・いちろう) 哲学者。1956年京都生まれ、京都在住。高校生の頃…

「感想/書評」【SPRINT 最速仕事術】一週間で作り出す

いまより楽しく仕事が出来るとしたら、それを試さない理由はない。 byジェイク・ナップ 著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? チームの重要性 目標は5日間で短期集中 マップを作って分かりやすくする 専門家に聞きまくる 幻想を作る 本を読んだ感想 終わりに…

「感想/書評」【平気で嘘をつく人たち】彼らはなぜ邪悪なのか

[ 「この世になぜ善はあるのか」という質問を発した人はこれまでにいない。 byM・スコット・ペック 著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 悪とは何なのか? 邪悪な人間達 悪が与える影響 邪悪と隠微性 本を読んだ感想 終わりに 併せて読みたい記事こちら! …

「感想/書評」【運のいい人の法則】小説の様に読むべきだ

運について語るとき、未来はあなたが握っている byリチャード・ワイズマン 著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 運のいい人は積極的に行動する 運のよい人は不運を変える 運の良い人は健康である 本を読んだ感想 終わりに 併せて読みたい記事こちら! スポ…

「感想/書評」【MINDSETマインドセット「やればできる!」の研究】努力が報われるかではなく、地道に挑む力こそ成功である。

先頭を切って走り出した者が必ずしも最終的な勝者になるとは限らないのである。 by キャロル・S・ドゥエック 【著者・書籍情報】 どんな人にお勧めか? しなやかマインドか硬直マインドか? 硬直マインドセットの問題 しなやかマインドセットは成功する 二つ…

【書評/感想】【私たちは子どもに何ができるのか 非認知能力を育み、格差に挑む】子どものとどう接するのか?

研究者がしてきたように、もっと上手くできるはずだと、まずはしっかり認識することだ。 byポール・タフ 著者・書籍情報 どんな人にお勧めか? 子育てに必要な知識を得る 教師も見るべき 子どもと接すること 終わりに スポンサーリンク // 著者・書籍情報 著…

【書評】「僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかた」で見る、スマホ・ゲーム依存の問題と改善とは?

書籍・著者情報 どんな人向けなのか? 人は比べたがる 動画依存にハマるわけ いかに回避するか 終わりに こんな記事も読まれています スポンサーリンク // 書籍・著者情報 著者:アダム・オルター ニューヨーク大学のスターン・スクール・オブ・ビジネスのマ…